不動産店のを選べば大変お得に物件購入ができます。|東海市周辺の新築建売住宅を買うなら仲介手数料無料の大田不動産

住宅を購入するときに不動産店を選びませんか

住宅を購入するときに不動産店で変わることは何でしょうか?
特に新築建売住宅の仲介物件の場合、最も不動産店によって異なることは費用です。
不動産店は、売買の仲介をすることで仲介手数料を受領します。これが不動産店の収入になるわけです。より詳しく言えば、火災保険の契約やリフォーム部門などを持っている不動産点の場合ではそれらの売上もありますが、純粋な不動産事業の主な収入は仲介手数料です。
 この仲介手数料ですが、税抜400万円以上の物件では物件価格の3%+6万円+税が宅建業法上の上限となっており、この上限の仲介手数料を受領する不動産店が多くの割合を占めています。この額は3000万円の物件では100万円以上になります。当店では、無駄な費用を削減することにより、ほとんどの新築建売住宅の買い主から受領する仲介手数料を0円としました。
そのため、不動産ポータルサイトでの物件を探し購入に至った場合では、多くの場合概ね3000万円の物件で仲介手数料を満額(法定上限額)払うことになり、100万円以上の損をしてしまいます。なぜなら、不動産ポータルサイトでは仲介手数料の比較をすることが困難だからです。
 当店の場合、新築一戸建てでは原則仲介手数料無料ですので、他店で購入するより大幅に少ない費用で住宅を購入できます。
是非当店でのご購入をご検討ください。 

なぜ不動産ポータルサイトで探すと損をする可能性が高いのか

アットホームやSUUMO、ホームズなどの不動産ポータルサイトはある意味業者のためのサービスです。
実際、不動産ポータルサイトは多くの店に多くの物件を載せてもらうことで、多くの手数料を受け取ることをビジネスモデルにしています。不動産店は、物件掲載枠などを購入したり反響が有った毎に決まった金額を支払う契約を結んでいます。そのため、不動産ポータルサイトにとっては、より多くの物件掲載枠などを大量に購入する不動産店が多いほうがいいお客様なのです。仲介手数料無料を掲げている不動産店では私の知る限り、不動産ポータルサイト似多くの物件を載せている店舗はあまり見かけません。これは、不動産ポータルサイトの掲載料金が馬鹿にならないことも一つの理由だと思います。そのため不動産ポータルサイトではお客様にとって非常に重要な費用の仲介手数料の情報を載せられないことが多々あります。
この仲介手数料ですが、税抜400万円以上の物件では物件価格の3%+6万円+税が宅建業法上の上限となっており、この上限のことを宅建業界内では満額といいます。この満額の仲介手数料を受領する不動産店が多くの割合を占めています。この額は3000万円の物件では100万円以上になります。 
そのため、不動産ポータルサイトでの物件を探し、購入に至った場合、100万円以上の損をしてしまう場合も珍しくありません。
 当店の場合、新築一戸建てでは原則仲介手数料無料ですので、他店で購入するより大幅に少ない費用で住宅を購入できます。
是非当店でのご購入をご検討ください。 

一部、仲介手数料無料物件に該当しない場合がございます。 

なんで仲介手数料が無料で実現できるの?

普通は、3%+6万円+税の仲介手数料を取るのになぜ、仲介手数料が無料でいいのか疑問に思う方もいらっしゃるでしょうから、それについて説明いたします。
当社の場合、新築建売住宅の売買では購入者から仲介手数料を受け取りません。
ただし、仲介手数料は売主様からもいただけます。
いただける金額は3%+6万円+税(上限額)です。 
3000万円の物件の場合で、税込み105.6万円です。
合計で105.6万円の仲介手数料を受け取れる計算になります。
当店では効率的に営業を行い、浮いたコストをお客様に還元いたします。
なお、売主から仲介手数料がいただけない物件の場合、1200万円以上の物件では仲介手数料は物件価格の2%+税とします。
1200万円未満の物件の場合、当店での仲介手数料の上限は33万円とします。 
 また売主から受け取る仲介手数料が3%に満たない物件の場合は、お客様に仲介手数料を負担していただきます。その場合
仲介手数料は概ね3%+税-売主の仲介手数料
とします。
例として3000万円の物件で売主手数料が2%の場合、買主仲介手数料は33万円です。 

ページの先頭へ