サービス

お役立ち情報

ブログ一覧

ミニブログ

友だち追加

店舗情報

大田不動産

大田不動産

〒476-0013

東海市中央町

6丁目187エクセルハイム202

0562-85-2543

0562-85-3301

10:00~19:00

火・水曜日

知多半島北部エリアを中心に物件を扱っております。

会社概要

地震で液状化をしない土地を購入するために

液状化をする土地かどうかというのは、土地を見ただけでは分からないものです。
そういう点では建物自体がいくら地震に強くても、液状化してしまえば基礎ごと傾いてしまい住めなくなる可能性はあります。ただし、建物自体が地震に強いということは、傾いたとしても上物である建物の被害は小さくなり、補修に係る費用は少なくて済むこともあります。また、十分な地盤改良を行うことで、建物自体は液状化の被害から免れることはできても、その費用は掛かります。予算が決まっている場合、どこかでダウングレードが必要になるかもしれません。

そのため、土地や建売住宅を購入するうえで、それ以前に危険性に気付くことが重要です。愛知県の防災マップを見れば液状化の危険性が示してありますし、その地域の地名が参考になることがあります。水に関係する地名が付いている土地は液状化の危険性は高いと言われています。傾向として「池」・「沼」・「田」などが地名に含まれている土地は地震の際、液状化現象の被害にあいやすい土地であると言えます。もし、気になった土地や建売住宅などがあったら、もしくは検討エリアを絞りこむために、液状化の危険性を調べてみてはいかがでしょうか。
以下に愛知県防災マップのリンクを張りましたので、是非参考にしてみてください。また、地盤サポートマップのリンクを張っておきます。こちらは液状化の危険性の他に、地震の揺れやすさや過去の航空写真が確認できます。過去に池や田んぼだった土地は注意が必要でしょう。
大田不動産は後悔のない土地、住宅購入をサポートいたします。 
それぞれ別ウィンドウでリンクが開きます。
知りたい場所で右クリックをして、「詳しい情報はここを押してね」をクリックすることでより詳細な情報が得られます。
なお、気に入った建物が液状化の危険性がある場合は、地震保険に加入することをお勧めします。火災保険では液状化が起こっても保証されません。
ページの先頭へ