ビルダーの新築物件のオープンハウスを当店がしないわけ|東海市周辺の新築建売住宅を買うなら仲介手数料無料の大田不動産

2019年08月03日

ビルダーの新築物件のオープンハウスを当店がしないわけ

オープンハウスは費用が掛かります。
もちろん、人がそこに詰めているだけでも、一人分の人件費がかかります。
ただ、そこに詰めているだけではお客さんはやってきません。
必要なのは、広告です。新聞折込チラシやポスティングが一般的な集客方法ではありますが、ポスティングは1日分の印刷要員を用意して、1日1000-1500枚程度撒くことができます。もちろんマンションが多いようなエリアであれば枚数は多少増えます。一人で1日ポスティングをして、チラシをまいて 、さらに2-3000枚の折り込みチラシを入れて、土日の計2日オープンハウスをして、二日で概ね0-1人程度の集客が見込めます。正直に言って当店のような仲介手数料無料での営業を行っている不動産店にはこのような事業は割に合いません。
このような物件は他社も販売するため、他店の営業社員との名刺交換の方がはるかに回数が多くなります。
またこの二日間オープンハウスを開催するとその期間サイトへの物件登録などほかの仕事はできません。 
もちろん他店が成約してしまえば当店は建築主から仲介手数料も何もいただけません。
当店ではオープンハウスは費用がかかる割に他店が成約するリスクが高いため、原則として開催いたしません。 
ページの先頭へ